MENU

ヨコハマ大道芸とは

大道芸があるところには笑顔があふれる

古くから「大道芸」は庶民の生活にかかせないものでした。
がまの油などの口上芸や、神事でもある太神楽、軽業師などなど・・・
粋をきわめた芸の数々は人々の心をひきつけ愛され続けてきました。
最近ではジャグリングなど洋風のパフォーマンスが主流をしめ、気軽にカジュアルに楽しめるエンターテイメントとして子供から大人までその人気はとどまることを知りません。
あたらしい発見、驚き、ワクワク!! そんな魅力でいっぱいの大道芸があるところには、いつも歓声と拍手がいっぱいです。
 
横浜における大道芸の歴史は、1986年にさかのぼります。
野毛地区で開催された「野毛大道芸」は年々と観客数が増し、「大道芸」の人気が高まるとともに開催エリアも広がっていきました。
 
1995年 みなとみらい地区 参加。
1996年 吉田町 参加。
2002年 イセザキモール 参加。
 
そして
2006年「ヨコハマ大道芸」スタート
大道芸を通じて横浜の文化的・経済的な活性化を図ると共に、世界の共通文化である「大道芸」を介した国際交流を展開する事などを目的に伊勢佐木町、吉田町、みなとみらい地区と共に幕を開けました。
2014年 石川町 参加
2018年 横浜駅東口エリア 参加
ヨコハマ大道芸の開催エリアは常に広がっています。

目の前で繰り広げられる、緊迫した迫力ある芸を体感できるのは大道芸ならでは

年に1回のビックイベント「ヨコハマ大道芸」と、いつも楽しめる大道芸の2種類があります。
横浜にお越しの際は、是非一度ヨコハマ大道芸にお立ちよりください。

1年に1回のビッグフェスティバル

毎年4月の第3土日に開催される春の風物詩「ヨコハマ大道芸」 みなとみらい21地区、伊勢佐木町、吉田町、石川町、横浜駅東口、 横浜の顔ともいえる街のいたるところがステージになり、たくさんの大道芸 パフォーマンスがくりひろげられます。出演パフォーマーは約50組!! 手に汗にぎるアクロバットや、華麗な技で魅せるジャグリング、味わい深い パントマイムなど多彩なパフォーマンスを堪能できます。

定期的に実施される大道芸

週末を中心にいつも大道芸を実施しています。 横浜のシンボルである「山下公園」、みなとみらいの「グランモール公園 円形広場」、観光名所へのアクセスも抜群な横浜らしい絶好のポイントで 行われる迫力ある大道芸は街に彩りを添え、観光客や地元の方、大道芸ファンに熱い支持をいただいています。 詳しいスケジュールは→大道芸スケジュール←をご覧ください!

PAGE TOP